月別アーカイブ: 6月 2013

自由にレイアウトできるシステムファニチャー USMハラー

こんにちは店長の小池です

先日丹波市氷上町に納めてきました、USMハラーの紹介です

USMハラーはスイスの建築家によって考案された、パイプとボールでフレームを組み、そのフレームにパネルやドアを自由に配置することのできる、画期的で合理的なシステム家具

今回は司法書士事務所様のミーティングスペースに2台のUSMハラーのユニット家具を納めさせていただきました

まずは間仕切りカウンターとして置かせていただきました、純白のカウンターボード

R0012846

前面上段には、パンフレットや雑誌などをディスプレイしながら収納可能なアングルシェルフをセット

下の2段は背面がオープンになっており、大量の書類やファイルなどを無駄なく収納することができます

そしてこちらはまた別のミーティングルームに納めさせていただいきました、グラファイトブラックのサイドボード

R0012851

 

天板にガラスを入れることで高級感と浮遊感がアップ(55インチの大画面テレビはテレビの脚をしっかりとフレームにかけているのでガラス天板でも安心です)

こちらも下の2段はオープンとなっており、大容量の収納スペースが確保できました

注目いただきたいのは上段のオープンスペース部分

チューナーやセンタースピーカーを収納するために、125㍉のチューブ(USMではパイプのことをチューブと呼びます)を使って、コンパクトなオープンスペースを作りました

ドアもバックパネルも無いので軽い雰囲気もあり、配線の処理もラクにできてしまいます

 

このようにUSMモジュラーファニチャーハラーは、お客様の細かなご要望に合わせて、パーツを組み合わせることで自由な形を作ることができる画期的で合理的なシステム家具です

ARIAはUSMモジュラーファニチャーハラーの正規代理店となっており、専用のヴァーチャルソフトを使った、コーディネートやご相談を気軽に相談いただいています

また、関西地区でも随一の展示数を誇るUSMモジュラーファニチャーハラーをぜひ見て、触っていただき、その無駄のないすばらしさを体感ください

 

 

 

カテゴリー: 最新情報 | コメントをどうぞ