LUNE入荷しました

こんにちは!岡井です。

お盆休みが20日までの方もいらっしゃったそうですが、皆様、楽しいお盆休みは過ごされましたでしょうか?

先日のSALEで、展示品たちがたくさん嫁いでいきましたので(ありがとうございました!)、少しずつですが新しい展示が導入されています。

 

そんな中から、今日はデンマーク Fritz Hansen社のLUNE-ルネ-をご紹介します。

LUNE ハイメ

この座っている人が、ソファのデザイナー、スペイン人のハイメ・アジョンです

 

ソファは正面から見られることが多い家具ですが、

全体の美しさや、背もたれと座面のハーモニーを強調させる様にデザインされたそうです。

また、デザインの美しさだけでなく、座り心地の良さを追求するため、

座クッションの上層部に、カモやガチョウの羽毛を重鎮し、腰を下ろした際に座クッションが体にフィットする様、設計されたそうですよ。

この「LUNE」というのは『誰もが好む理想的な温度や、万事順調である時に覚える感覚』をデンマーク語で表した言葉だそうで

「Hugge-ヒュッゲ-(人と人とのふれあいから生まれる、暖かな居心地の良い雰囲気)」も然り、デンマーク語は心地よい事に関する単語が充実している気がしますね。

 

LUNE 6p

展示にあるのは、シェーズロングの3シーターソファですが、2シーターからL字型の多人数ソファまで無限の組みあわせが可能で、なんとこんな風に6シーターソファなんかも可能だそうです。

 

LUNEソファ②

こちらが展示のLUNEです。

シェーズロングソファ自体は珍しくないのですが、目線を脚に向けると…あれ?

シェーズロングとストレートな横並びの部分、そこによくあるモノがありません。

LUNEソファ②

お分かり頂けますでしょうか?この部分です。

一般的なシェーズロングソファにはここにあるはずの、脚がないのです!

有吉に言わせると「構造的に不可能ではないよー」ということですが、私は初めて見ました。

珍しいことは間違いありません。

間の脚が1本ないだけで、こんなにも浮遊感が生まれるものだとは、ビックリです!

 

 

また、あまりフォーカスされることの少ないこの部分、

LUNEソファ裏側

座クッションとボディの間が、表面の張地とは違う張地で張られているのですが、

このマーク、お気づきでしょうか?

Fritz_Hansen_logo

そう、フリッツハンセン社のロゴの最後についているマーク。

おそらく、代表作の一つであるswanチェアのアイコンですね!

表地と同じファブリックのものも多いのですが、実はこの様な仕様になっているものもあって、

見つけた時にはちょっと嬉しくなってしまいます。

LUNE

ぜひ一度ご来店頂き、実際の座り心地の良さと背もたれと座面のハーモニー、

そしてついでに、座クッションの裏側も覗いて見てくださいね!

カテゴリー: 最新情報   パーマリンク

コメントは受け付けていません。