3107 Series 7 SEVEN CHAIR -ARNE JACOBSEN-
3107 Series 7 SEVEN CHAIR -ARNE JACOBSEN-

誕生から60年以上経った今でも愛されているセブンチェア

背と座が一体となった美しい3次元曲面の椅子として知られています

製造方法は当時と変わらず成型合板でつくられており、
7枚の板と2枚の仕上げ材をセブンチェアの型に合わせて圧着させています

今でこそ家具をつくる機械はたくさんあります
けれども、60年以上前にこんなにもなめらかな三次元曲面を木材でつくろうと考えたヤコブセンの向上心には驚かされるばかりです

実際に腰掛けてもたれてみると適度に背板がしなり、長時間座っていても疲れにくくなっています

また、大人であればどなたでも簡単に動かせられるほどの軽さです
例えば、掃除機をかけたい時でも気軽に動かせますし、デスクワーク等立ち座りが多いという方でも使いやすい椅子です

その上、写真のように積み重ねることもできるため、来客用の椅子としても活躍してくれます

〝機能性〟と〝使い回しの良さ〟

末長く使う家具として、その両方が優れていることは、とても嬉しい点ではないでしょうか

 

 

商品名:Series 7 SEVEN CHAIR

デザイン:ARNE  JACOBSEN|1955

メーカー:Fritz Hansen|Denmark

サイズ:W500×D520×H780|SH460mm

材質:メープル|ビーチ|アッシュ|チェリー|オレゴンパイン|エルム|オーク|ウォルナット|ダークステインドオーク|フルダークステインドオーク

仕上:ナチュラルウッド|カラードアッシュ(アッシュ材/12色)|ラッカー(アッシュ材/12色)

価格:¥54,000~80,000+Tax ※仕様により異なります

その他:SH480mm,SH430mmからお選びいただけます

 

メイン画像商品

Anniversary Edition 2017|ラッカー仕上 ¥82,000+Tax

 

daiki kagii
daiki kagii
1995年8月3日生まれ。京都府与謝郡与謝野町出身、京都市在住。 大学生の時にインターンシップで参加した「夏休み木工教室」で、ものづくりやインテリアに携わる仕事がしたいと思い、今に至ります。 主張しすぎない、穏やかな雰囲気の家具が好きです。
Menu