USM Haller CABINET -Fritz Haller & Paul Schaerer-
USM Haller CABINET -Fritz Haller & Paul Schaerer-

スイスに拠点を置くUSMモジュラーファニチャーの作り出すUSMハラーシリーズのキャビネット

チューブとボールを連結し、そこに様々なパーツを組み合わせることで自由な形を作ることが出来る機能と美しさを兼ね備えたUSMハラー

このシステムはこのプロダクトを作る為にデザインされたものではない、というのが面白いところである

1885年に創業した金属加工会社であったが、創業者の孫である3代目のポール・シェアラーが工場や本社を近代化することを決め、その建築を依頼したのがスイス人建築家のフリッツ・ハラーである

技術革新などで起こり得る、製造プロセスや業界の変化に適応出来るように、建築そのものが変化していく柔軟性を持った鉄骨モジュラーシステムを考案し建築したのが1965年の事

現在はショールームを兼ね備えたオフィス兼工場となっているのだが、実際に訪れてその佇まいの美しさに感動し、そして半世紀が経った今でも増設し、拡張し続けているのだから驚いてしまう!

そんな拡張性のある建築に合わせて、家具も同じようにモジュール性を兼ね備えたものを開発したのが、このUSMハラーである

1969年に発売されて以来、様々なシーンで使用されているこのモジュールファニチャーは2001年にMoMA(ニューヨーク近代美術館)の永久コレクションに加えられている

この3段のキャビネットは非常に使い勝手が良い

上部2段にはドロップダウンドアが、最下部にはBOX付のエクステンションドア、いわゆる引出しが付いている

ドロップダウンドアは開いている状態で10Kgの耐荷重がある

ノートPCを使ったり簡単な書き物をするなど、簡易的なデスクとしては最適である

パーツは美しいだけでなく、なんとアフターパーツとして全て個々に購入することも出来る

もし、破損したりしてもパーツ交換が出来るのでずっと使い続ける事が出来るのである

また、3段を4段にしたり、1列を2列にしたり、など拡張性があるのも嬉しい

このシステムは本来14色のスチールパネルがあり、ニーズに合わせて様々な形をデザインすることが出来るのだが、日本で人気のあるユニットを厳選し短納期でお届けできるスペシャルプログラムが誕生した

このキャビネットもその一つである

色はピュアホワイト、グラファイトブラック、写真のUSMベージュの3つ

まずは一度使ってみてほしいプロダクトの一つである

一度使えば、これ以外の収納は考えられなくなるほど機能的で美しく、日本の住環境にフィットすると感じてもらえるはずである

 

商品名:USM Haller  CABINET

デザイン:Fritz Haller & Paul Schaerer|1965

メーカー:USM Modular Furniture|Switzerland

サイズ:W773×D373×H1090mm

仕様:ドロップダウンドア×2|メタルボックスインサート付エクステンションドア×1

本体:スチール|

脚部:アジャスタ―式グライド

クイックシップ対応カラー:ピュアホワイト|グラファイトブラック|USMベージュ ※2-3週間でお届け可能

価格:¥212,270+Tax ※クイックシッププログラムの場合

その他:通常納期品は全14色 ピュアホワイト|ライトグレー|USMマットシルバー|ミッドグレー|アントラサイト|グラファイトブラック|スティールブルー|ジェンシャンブルー|USMグリーン|ゴールデンイエロー|ピュアオレンジ|USMルビーレッド|USMブラウン|USMベージュ

 

画像商品

キャビネット|JPQS001_31|USMベージュ ¥212,270+Tax

藤田 明子
藤田 明子
1977年生まれ、兵庫県は但馬出身。 ARIAで働き始めて17年。丹後は私の第二のふるさととなり、口を開けば丹後弁が出る様になりました。 皆さまに直にお会いし日々の暮らしをHappyにする道具だけでなく、それらを選び、使っていく幸せをお届けします。
Menu