CH23 Dining chair-Hans J. Wegner-
CH23 Dining chair-Hans J. Wegner-

CH23ダイニングチェアは、1950年ウェグナーがカール・ハンセン&サンのために、最初にデザインしたチェアシリーズの中の1つです

発表当時は、CH24 YチェアよりもこのCH23の人気が高く、大きな注目を集めていたそうですが、後に廃盤となっていました

CH24の人気に押され、生産レーンがなくなった為だと言われています

 

2016年にCH22 、CH26チェアを復刻していたカール・ハンセン&サンは、2017年にCH23を復刻させることで、ウェグナーが最初にデザインしたチェアコレクションが全て揃うことになりました

このコレクションは、ウェグナーが当時としては新しい要素をふんだんに取り入れた、革新的なコレクションだったそうです

 

この背もたれの埋木は、背もたれとフレームの接合部分です

通常は隠すところを敢えて別の材を使い、デザインのポイントにしています

また、成形合板で背板を製作することにより、薄くて丈夫、背中にフィットする背もたれとなっています

 

座面のペーパーコードは、Yチェアとは違う張り方です

シンプルな形状のCH23だからこそ、意匠性を高めるためにこの編み方がされていると考えますが、2重で編むことにより耐久性も増しています

Yチェアの座面は、ピンと張っていて馴染むのが楽しみになる様な張り方ですが、CH23の座面は、少し弾力がある様な当たりが優しい印象を受けます

職人が手作業で張っていくこのペーパーコードの座面は、CH23の場合コードを135mも要し、熟練の職人でも1時間半もの時間がかかるそうです

 

また、背もたれへと続く後ろ脚の曲線の美しさも特徴の一つです

もちろん美いだけではありません

少し沿った位置の背もたれと少しだけ後傾した座面にすることで、まっすぐ背筋を伸ばした状態ではなく、リラックスして身体を預けられる体勢を取ることができます

とてもシンプルに見えるCH23ダイニングチェア、このシンプルさだからこそ、ウェグナーの木工職人としての拘りと、デザイナーとしての拘りが詰まっているのです

 

商品名:CH23 Dining chair

デザイン:Hans J. Wegner|1950

サイズ: W503×D503×H786|SH445mm

材質:オーク|ウォールナット|オーク×ウォールナット

仕上:ソープ|オイル|ホワイトオイル|ラッカー

ペーパーコード:ナチュラル|ブラック

価格:¥87,000~¥147,000+Tax ※仕様により異なります

 

画像商品

オーク材ソープ仕上げ ナチュラルペーパーコード   ¥87,000+Tax

岡井 亜季
岡井 亜季
1983年生まれ。 ワインと読書とねこが好き。詳しくはないけど車も好き。 気心知れた友人と、自宅で家飲みするのが楽しい時間。 いつも笑顔で心を込めてお客様ひとりひとりをお迎えします。
Menu