PP250 Valet chair -Hans J.Wegner-
PP250 Valet chair -Hans J.Wegner-

特徴的な背もたれが印象的なPP250 バレットチェアは、椅子の巨匠と言われているウェグナーが、1953年にデザインしました

バレットチェアの横向き

このチェアは、建築学科の教授やデザイナーらとウェグナーが、「就寝時の衣服をいかに効率的に整頓するか」を長時間話し合い、生まれたものでした

 

バレットチェアの正面

一見すると弦楽器の琵琶のようにも見える背もたれのデザインですが、その上部だけを見てみると、ハンガーと同じ形状になっているので、ジャケットを掛けられることがわかります

前側に立ち上げることができる座面には、ズボンが掛けられます

バレットチェアの座面を上げたところ

座面下は小物を入れられる様になっていて、腕時計やカフスといったアクセサリー類や、鍵やペン等ポケットの中の物を、そこへ収納することができます

収納部の木口にはレザーが取り付けられており、座面を閉じる時に緩衝材の役割を果たしています

バレットチェアの座面収納部

 

バレットチェアは最初4本脚でデザインされていたのですが、ウェグナーは重い印象を受けたため、さらに開発を進め、3本脚にすることでそれを解決させました

バレットチェアの正面

 

背もたれの中心には、背骨の様に縦線が引かれていますが、これは描いてある訳ではなく、ウェンジを挟み込むことでデザインのポイントとしています

バレットチェアの背もたれ

線を引き、模様として描くのは簡単ですが、ウェンジを挟み込むのは容易ではなく、とても技術のいることだそうです

PPモブラー社製造のウェグナーの作品に見られるこのデザインは、難易度が高く、職人の技術力の高さを窺い知ることができます

 

こちらの動画で、現在の製作風景や使用イメージ、4本脚のバレットチェアのミニチュアをご覧いただけます

ウェグナー本人も登場しますので、ぜひ最後までご覧ください

 

 

商品名:PP250 Valet chair

デザイン:Hans J.Wegner|1953

メーカー:PP Møbler|Denmark

サイズ:W510×D500×H950 SH450mm

本体:オーク材|メープル材|パイン材|チェリー材

仕上げ:ソープ|オイル|ホワイトオイル|クリアラッカー

価格:¥1,291,000~¥1,742,000+Tax

 

画像商品:

メープル材|ソープ仕上げ ¥1,326,000+税

 

こちらからもご購入いただけます

岡井 亜季
岡井 亜季
1983年生まれ。 ワインと読書とねこが好き。詳しくはないけど車も好き。 気心知れた友人と、自宅で家飲みするのが楽しい時間。 いつも笑顔で心を込めてお客様ひとりひとりをお迎えします。
Menu