3110 DROP CHAIR フルパディング仕様 -ARNE JACOBSEN-
3110 DROP CHAIR フルパディング仕様 -ARNE JACOBSEN-

2014年に復刻したアルネ・ヤコブセンの名作、DROP CHAIR

美しいしずくの形が、そのまま名前となっている

ヤコブセンが設計したデンマーク・コペンハーゲンのSASロイヤルホテル

そのプロジェクトの一つとしてこの椅子が誕生したのが1958年、還暦を迎えるとは思えない斬新なデザインはヤコブセンが同時期に手掛けたスワンチェア、エッグチェアにも共通している

ただこの椅子がその両者と違うのは同ホテルの客室用として製造されただけで、一般向けには販売されたことが無かったと言う点

復刻された折には、インテリア業界やコレクターの間で非常に話題となった

ヤコブセンのデザインした、多くの椅子に共通して言えるのが美しい曲線

特にDROP CHAIRは触れたくなるような柔らかな印象を見る側に与えてくれる

細く放射状に伸びる脚はしっかりとボディを支えている

そのフォルムはまるで生き物のようで、非常に愛らしい

くぼんだ座面に身体がおさまり、このフロントパディングタイプは張地の下にウレタンフォームが入っているので感触も柔らかだ

シェルの張地は本革、ファブリック、共に様々な色や仕様を選べる

また、ベースはクロームレッグ、紛体塗装のブラック、ホワイトから選択が出来る

この椅子を見ていつも思うのが、私が生まれるよりもはるかに以前に、こんなデザインが生まれていたという驚きだ

恐らく、これから先の時代でもこの椅子はとても新しいと感じられるはず

永遠にモダンであり続ける名作である

 

 

商品名:3110 DROP CHAIR・フルパディング仕様

デザイン:ARNE JACOBSEN|1958

メーカー:Fritz Hansen|Denmark

サイズ:W455×D545×H885|SH460mm

張地:ファブリック|レザー

ベース:クローム|紛体塗装仕上げ(ブラック/ホワイト)

価格:¥115,000~259,000+Tax ※仕様により異なります

その他:プラスチックシェル仕様有り、¥38,000+Tax

 

画像商品

ブラックモデル 張地:エッセンシャルレザー|ベース:ブラック紛体塗装 ¥127,000+Tax

 

藤田 明子
藤田 明子
1977年生まれ、兵庫県は但馬出身。 ARIAで働き始めて17年。丹後は私の第二のふるさととなり、口を開けば丹後弁が出る様になりました。 皆さまに直にお会いし日々の暮らしをHappyにする道具だけでなく、それらを選び、使っていく幸せをお届けします。
Menu