3320 SWAN CHAIR -ARNE JACOBSEN-
3320 SWAN CHAIR -ARNE JACOBSEN-

コペンハーゲンにあるSASロイヤルホテル(現ラディソン・コレクション・ロイヤルホテル)のために、ロビーやラウンジに置くチェアとして、エッグチェアやドロップチェアとともにデザインされたスワンチェア

1958年竣工のこのホテルを設計したヤコブセンは、趣味の合わないものを置かれたくないと、ドアノブやカトラリーに至るまでトータルプロデュースしたそうです

当時のソファやラウンジチェアは、その製造技術から直線要素で構成されていたため、曲線のみで構成されているスワンチェアはとても斬新だったそうです

コンパクトでローバックのため圧迫感がなく、日本の住環境にも馴染みやすいスワンチェア

例えば、リビングでソファに合わせて置いたり、部屋の片隅にフロアランプと並べて置いたり、寝室に置いて寝る前のひとときを過ごしたり、と様々なシチュエーションにマッチします

不要な装飾がないため実はシンプルなチェアなのですが、そのデザイン性の高さは何度見ても飽きることがなく、とても60年以上前にデザインされたものだとは思えません

素晴らしいのはそのフォルムだけでなく、座り心地にもあります

硬質フォームでできているため沈み込まず、姿勢が崩れないので長時間座っても疲れにくいのです

また、背もたれの膨らみが腰にフィットし支えてくれるので、ローバックの物足りなさを感じさせません

奥行きが深くないので、小柄な方でも足着き良く座れることもポイントです

エッグチェアに隠れてしまいがちなこのスワンチェア、実は魅力たっぷりのチェアなのです

 

商品名:3320 Swan chair

デザイン:Arne Jacobsen|1958

メーカー:Fritz Hansen|Denmark

サイズ:W740×D680×H770|SH400|AH580㎜

ベース:アルミ製台座 スチール脚

張地:ファブリック|レザー

価格:¥442,000~1,016,000+Tax ※仕様により異なります

その他:

SH480㎜に変更が可能 お好みの仕様プラス¥6,000+Tax

オートリターン機能 お好みの仕様プラス¥21,000+Tax

画像の商品:

60th anniversary edition|ピュアレザー 23Kゴールドメッキベース ¥916,000+Tax

岡井 亜季
岡井 亜季
1983年生まれ。 ワインと読書とねこが好き。詳しくはないけど車も好き。 気心知れた友人と、自宅で家飲みするのが楽しい時間。 いつも笑顔で心を込めてお客様ひとりひとりをお迎えします。
Menu