Ball clock -George Nelson-
Ball clock -George Nelson-

ボールクロックは、ミッドセンチュリーモダンを代表するデザイナー、ジョージ・ネルソンによってデザインされました

ネルソンは、「デザイナーが創造性を生かして人々のニーズに応えるためには、まず、反人間的と思われるあらゆる価値を根底から意識的に壊さなければならない」としていました

そのため1947年、時計コレクションの作成を依頼された際、まず、人々がどの様に時計を使用するのかを分析しました

その結果、人々は文字盤の数字を読むのではなく、針の位置がどこにあるかで時計を読んでいる、という結論に至ります

これにより、文字盤に数字が記載されている必要はなくなり、更には、当時ほとんどの人が腕時計を身に着けていたことから、インテリアの一部として構想された、ネルソンクロックシリーズが発表されることになります

同じデザインであっても、用いられるカラーで随分と雰囲気の異なるボールクロック

インテリアのアクセントになるオレンジは、ミッドセンチュリーらしさが漂います

 

木目の見えるナチュラルカラーは、優しい雰囲気でどんなインテリアとも合わせやすいです

オレンジカラーにはない、赤い秒針がポイントです

 

ボールと金属の棒が本体の前面寄りに配置されていることで、壁から浮いた様に見えるのも特徴の一つ

他にはないオブジェの様なデザインで壁面を飾り、時間を確認するたびに楽しませてくれます

 

商品名:Ball clock

デザイン:George Nelson

メーカー:Vitra|Switzerland

サイズ:φ330mm

材質:ウッド、メタル

バリエーション:オレンジ|ビーチ|マルチカラー|レッド|ブラック|チェリー

価格:¥44,000(ブラック、チェリー)|¥35,000(左記以外)

 

画像商品:オレンジ|ビーチ

共に¥35,000+Tax

 

こちらからもご購入いただけます

岡井 亜季
岡井 亜季
1983年生まれ。 ワインと読書とねこが好き。詳しくはないけど車も好き。 気心知れた友人と、自宅で家飲みするのが楽しい時間。 いつも笑顔で心を込めてお客様ひとりひとりをお迎えします。
Menu