THE SPOKE-BACK SOFA -BØRGE MOGENSEN-
THE SPOKE-BACK SOFA -BØRGE MOGENSEN-

家具に機能が一つ加わると、使い方の幅は大きく広がります

スタッキング、リクライニング、自由にカスタマイズ可能…

このソファもその一つ

アームの角度が調整出来るのです
革紐で6つの輪が作られているため、6段階の角度調整が可能となっています

今から70年以上前、デンマークの家具デザイナー、ボーエ・モーエンセンによってデザインされました

また、背もたれとアーム部分の高さが同じになっており、
アームを背もたれにして足をのばすことも可能です

例えば本を読む際、アームを倒してゆったりと寝転んで寛いだり、
映画を見る際はアームを垂直に立てることで包み込むような空間ができ、落ち着いて鑑賞することも出来るかと思います

スポークバックソファという名の通り、背面にはスポーク(縦に伸びている細い棒状の部材)が美しく並んでいます

 

電動リクライニング機能がついたソファもありますが、革紐の輪にアームを当てはめるだけというシンプルかつアナログな構造は、時代が移り変わっても誰にでも使いやすい家具であり続けるでしょう

 

商品名:THE SPOKE-BACK SOFA

デザイン:BØRGE MOGENSEN|1945

メーカー:Fredericia Furniture|Denmark

サイズ:W1600~1970×D765×H860|SH400mm

材質:オーク

塗装:ソープ|オイル|ホワイトオイル

価格:¥1,313,000~2,458,000+Tax ※仕様により異なります

 

画像商品

オーク材|ソープ仕上|レザーボタン ¥1,362,000+Tax

鍵井 太貴
鍵井 太貴
1995年生まれ。京都府与謝郡与謝野町出身、京都市在住。 大学生の時にインターンシップで参加した「夏休み木工教室」で、ものづくりやインテリアに携わる仕事がしたいと思い、今に至ります。 主張しすぎない、穏やかな雰囲気の家具が好きです。
Menu