No.1 sofa -BØRGE MOGENSEN-
No.1 sofa -BØRGE MOGENSEN-

1955年にデンマーク国際家具見本市で発表された「201」というソファは、ボーエ・モーエンセンが初めてをデザインしたソファであり、フレデリシア社とモーエンセンが力を合わせて作り出した初めての家具でもあります。

2014年のボーエ・モーエンセン生誕100周年を記念して、このソファを復刻し、全ての始まりという意味を込めて「No.1 sofa」と名付けました。

 

フレデリシア社は「201」を単に復刻するのでなく、構造などを進化させ、2シーターを加えるなど、一切妥協をせずに新たなソファとして「No.1 sofa」として作り出しました。

 

薄くて丁寧に仕上げらた堅牢なフレームは、見た目の軽さとは裏腹にしっかりとした重量があります。それは張地で見えない部分までしっかりとした良い木材をつかうフレデリシア社のこだわりにあります。

クッションの中材にはコールドフォームウレタンが使用され、少し硬めでしっかりとした座り心地です。施されたボタン締めがファブリックに動きをあたえ、立体的なアクセントになっています。また、このボタン締めは座った時に体とファブリックの間に隙間を作る役割もあり、通気性が良くなり座り心地がさらに良くなります。

 

薄くて高さのあるアームは座る人を優しく包み込むように寄り添い、奥行きのある広い座面と相まって、座る人の色々なくつろぎ方を背とアームを使って支えます。

正面を向いて座ったり、座面の上で胡座をかいだり、アームを背にして足を投げ出したり、はたまた横になるにも十分で、あなたの好みのくつろぎ方にこのソファは答えてくれるでしょう。

このソファのコーディネートパターンは豊富です。たくさんあるファブリックの中からお選びいただけることはもちろんのこと、フレームとクッションで張り分けることも可能です。また、ボタンをレザー仕様にすることもでき、たくさんの組み合わせの中から自分の好みを見つけていただくことが可能です。シンプルに一つのファブリックで仕上げるのも悪くありません。

 

継ぐことなくひと続きのファブリックで仕上げられた背面は正面に比べてすごくシンプルで、選ばれたファブリックを存分に楽しんでいただけます。せっかくですのでお部屋の真ん中に置いていただいて、色々な角度からこのソファを楽しんでいただきたいです。

私自身、初めてこのソファに出会った時、60年も前のデザインとは全く思いませんでした。色あせることなく、その時代その時代のトレンドにも流されることなく、モーエンセンの考えるミニマムな機能美が上手く表現されています。

お部屋のインテリアにもよくなじみ、まるで初めからあったように溶け込むことでしょう。

 

商品名:No.1 sofa

デザイン:BØRGE MOGENSEN|1955

メーカー:Fredericia Furniture |Denmark

サイズ:

3-seater|W2060×D860×H830 / SH420mm

2-seater|W1430×D860×H830 / SH420mm

張地:ファブリック

ボタン:ファブリック|レザー

フレーム:Oak oiled|Oak soap|Oak black|smoked oak stained

価格:

3-seater|¥720,000~1,806,000+Tax

2-seater|¥589,000~1,377,000+Tax

※仕様により異なります

 

画像商品

3-seater|maple#709(Fg1)|smoked oak stained|¥720,000+Tax

木下 洋爾
木下 洋爾
1984年生まれ。京都市南区出身・在住。 遊びに行ったことのあるARIAが、京都にも店舗を出すと知って一念発起、スタッフの仲間入りをしました。 「好きこそものの上手なれ」。好きな物事にはとことんこだわり上達することに努力します。形からも入りますが、身丈にあった使いこなせるものを選びます。
Menu