AJ52 SOCIETY TABLE -ARNE JACOBSEN-
AJ52 SOCIETY TABLE -ARNE JACOBSEN-

建築家でもありプロダクトデザイナーでもある、デンマークの巨匠アルネ・ヤコブセンの幻のテーブル AJ52 SOCIETY TABLE

北欧諸国と米国との文化や教育の交流を目的とする、American–Scandinavian Foundationのニューヨーク事務所の為に特別にデザインされたこのテーブル

当時、わずか数台しか製作されなかったこのテーブルをCarl Hansen & Sonが若干の調整を加えて復刻した

1952年にデザインされたとは思えないほどモダンで、機能美を兼ね備えている

一番特徴的なのはその素材選びでは無いだろうか

キャビネットを構成する表情豊かな木、素材感とは相反して柔らかな印象を受けるスチールレッグ、天板に張られた機能美を纏わせる皮革

吊り下げ式の浮遊感のあるキャビネットや、天板と脚の接合部分のスリットなど、こんな美しく存在感のあるデスクは思いつく限り他にはない

足先には引出しの木材と同素材を配しており、ステンレスの脚との一体感がとても美しい

引出しはA4サイズが納まり、左右のいずれにも装着が可能

天板のサイズは140cmと160cmの2種類あるのも使用用途の幅を広げる

写真にはないが、ヘアライン加工のステンレスを用いた天板と一体型のデスクランプを装着することも可能である(別売)

素材、デザイン、機能、全てにおいてヤコブセンのこだわりある仕事を感じられるプロダクトである

 

商品名:AJ52 SOCIETY TABLE

デザイン:ARNE  JACOBSEN|1952

メーカー:Carl Hansen & Son|Denmark

サイズ:2種|W1400/1600×D700×H720mm

天板:天然皮革 Freja Leather  2002ブラック|2068ブラウン

フレーム:ステンレススチール

引出:オーク|ウォールナット

塗装:オイル|ホワイトオイル|ラッカー|ブラック

価格:¥685,000~797,000+Tax ※仕様により異なります

 

画像商品

W1600mm|Freja Leather 2002ブラック|ウォールナット材|オイル仕上 ¥765,000+Tax

 

藤田 明子
藤田 明子
1977年生まれ、兵庫県は但馬出身。 ARIAで働き始めて17年。丹後は私の第二のふるさととなり、口を開けば丹後弁が出る様になりました。 皆さまに直にお会いし日々の暮らしをHappyにする道具だけでなく、それらを選び、使っていく幸せをお届けします。
Menu