A Home Retreat -find comfort in the familiar- CH71 CH72巡回展 ① ―椅子の巨匠ウェグナー―
A Home Retreat -find comfort in the familiar- CH71 CH72巡回展 ① ―椅子の巨匠ウェグナー―

さて、ラウンジチェアCH71、ソファCH72の魅力をお伝えする前に、

この2台をデザインしたハンス J.ウェグナーについてお伝えしましょう。

生涯に500脚以上の椅子をデザインしたことから、椅子の巨匠として知られる家具デザイナーのハンス J.ウェグナーは、

1914年デンマークのトゥナーに生まれました。

靴職人の父親をもつウェグナーは、故郷トゥナーで17歳の時に家具職人としての資格を取得。

コペンハーゲンの工芸スクールに在籍後、アルネ・ヤコブセン&エリック・ムラーの設計事務所に勤務しました。

デンマークの代表的なデザイナーの二人が、同じ職場にいたことは、あまり知られていませんが、

その際、オーフス市市庁舎の建築プロジェクトに参加し、そこに納める家具をデザインしています。

オーフス市庁舎では現在もウェグナーの家具が使われているそうですよ。

 

その後、29歳にして独立し、自身のデザイン事務所を設立します。

カール・ハンセン&サン社とウェグナーの協働が始まったのが1949年ウェグナー、35歳の時。

その年にデザインされたCH24 Yチェアは、翌年1950年に発表されて以降、生産され続けています。

 

デザイナーだけでなく、家具職人としても優れた腕を持っていたウェグナーは、素材への深い造詣でも知られています。

そのため、斬新な素材の使い方や加工方法を追求してきました。

CH71 、CH72の木製のアーム部分もその1つ。

この部分の張り加工には、精密な作業と仕上げの美しさが要求され、

背とアームの交わる複雑なカーブには、高い職人技術が要求されます。

 

ウェグナーは数々のデザイン賞に輝く一方、その作品はニューヨークのMoMAをはじめ、世界中の美術館に所蔵されています。

 

2007年1月、92歳で他界。

職人たちが積み上げてきた素晴らしい木工技術への敬意と愛着。

それを基盤に、ムダのない完成されたフォルムを追求したウェグナーは、

新しい世代の家具デザイナーに影響力をもつ、偉大なる先駆者であったと言えるのではないでしょうか。

Aria
Aria
ものと心でHappyに 心を込めたものづくりと価値ある生活空間を皆様にお届けします。
Menu