ボーエ・モーエンセンとフレデリシア展 in ARIA KYOTO
ボーエ・モーエンセンとフレデリシア展 in ARIA KYOTO

2月も終盤になって、春の陽気の日が増えてきましたね

今日は、ARIA KYOTOで開催致しますイベントのお知らせです!

2019年3月9日(土)~2019年3月31日(日)

「ボーエ・モーエンセンとフレデリシア展」と題しまして

ボーエ・モーエンセンがデザインしたデンマーク・フレデリシア社製の家具たちを、ARIA KYOTOにて一同に展示します!

 

 

 

ボーエ・モーエンセンは、1914年デンマークのオルボーという都市に生まれました

「デンマーク、モダンデザインの父」と言われるコーア・クリントが開いた、

デンマーク王立アカデミー家具科で学び、卒業後は彼のもとで研鑽を積んだそうです

Yチェアで有名なハンス・J・ウェグナーとは公私共に親交が深かったそうで、

ボーエ・モーエンセンに子供が生まれた時には、ウェグナーが名付け親になったほど

 

1942年、FDB(デンマーク共同生活組合連合会)は、第二次世界大戦後の荒廃したデンマーク国民の生活を立て直すべく、生活必需品の供給と生産のために家具部門を設立します

「美しく丈夫、かつ経済的で機能的」な家具を求められたFBDの家具部門、初代代表に任命されたボーエ・モーエンセンは、

簡素で清貧なシェーカー教徒の生活様式からヒントを得、空間を無駄なく使えるよう、直線構成をベースにして生み出された新しい機能美の形を生み出したそうです

 

そして1947年に誕生したのがC18ダイニングテーブルとJ39ダイニングチェアです

当時一般的な4人がけのダイニングテーブルが1600×900や1500×1000だったのに対して、

C18ダイニングテーブルは1400×900と、かなりコンパクトにデザインされています

 

当時としては、かなり画期的なサイズだった様ですが、現在の日本の生活にはちょうど良いサイズ感ですね

C18ダイニングテーブルやJ39チェアが人気な理由は、そういったところにもありそうです

 

1950年、独立したボーエ・モーエンセンは、その5年後、Fredericia社とコラボレートを始めます

そしてその中で、有名なスパニッシュチェアや、No.1ソファが生み出されていきました

 

モーエンセンの信念は、「シンプルかつ実用的な家具を、リーズナブルな価格で提供すること」

また、自宅を実験室として様々な作品を使用していたことも有名です

展示期間中は、普段ARIAで展示していないものも展示されます

なかなかご覧頂く機会のないものも多いですので、

ぜひこの機会に、ボーエ・モーエンセンの高品質で機能美に溢れた家具たちをご覧ください

ARIA KYOTOでお待ちしております

 

 

 

 

Aria
Aria
ものと心でHappyに 心を込めたものづくりと価値ある生活空間を皆様にお届けします。
Menu